石川紙業のものづくり

豊かな日本の心をプレゼント

美濃和紙の里・美濃市生まれ

ユネスコ無形文化遺産に登録された「本美濃紙」で知られる美濃和紙の里・岐阜県美濃市。
石川紙業は、その市街地である「うだつのあがる町並み」地域に1902(明治35)年、和紙原料商として誕生しました。初代社長の石川道春は、美濃・小俣川流域の開墾と治水に尽力した実父・古田東逸の精神を受継ぎ、地域のまちづくりにも積極的に取り組みました。
時代の移り変わりとともに、和紙原料商から鉄筆原紙製造、和雑貨製造へと業態を変えましたが、事業活動の根底にあったのは「地場産業の和紙事業に誠実に携わり、人々の暮らしや地域に役立ちたい」という思い。
その思いを企業DNAとして大切に守り、時代が求める商品を生み出し続けています。

人の手の温もりから生まれる商品たち

夫婦と社員と地域の絆

石川紙業にできること